ウサギたち

ウサギは癒しの動物です

2011年に、50エーカーの牧草地に囲まれた農場の一角に引っ越し、翌年にウサギを飼い始めました。

普段から牧畜業を目にするようになり、その影響でウサギのブリーダーになったと思います。

ヨーロッパでは食肉用としてのウサギのブリーダーが存在しますが、アイルランドではペット用のウサギのブリーダーがほとんで、もちろん自分も後者のブリーダーであります。

子ウサが目を閉じたまま丸裸で産まれ、日を追うごとに毛が生え目が開き、ふわふわな毛にくるまれる頃に、ヨロヨロしながら走り飛び跳ね、生きたぬいぐるみが成長していく過程に、ついぞ中毒になってしまいました。

ウサギは自分が想像していた以上に個性があり、愛らしい容姿の裏には、生き残るための本能の冷酷さもあります。

そのウサギの奥深さに感銘し、本能に突き動かされるかのように、本まで出版する始末であります。

ここでは、書籍の補充的な事柄を紹介し、ウサギの魅力を伝えていこうと思います。

【歴代ウサギたち】

フラフ(Fluffy)、メス、ライオンヘッド、ウィックロー州出身


シロ(Shilo)、オス、ライオンヘッド、モナハン州出身


ルーシー(Lucy)、メス、ネザーランドドワーフ、カーロー州出身


ピーター(Peter)、オス、ネザーランドドワーフ、カーロー州出身


タンパ―(Thumper)、メス、フレミッシュジャイアント、ウィックロー州出身


リリーボーイ(Lilyboy)、オス,フレミッシュジャイアント、ウィックロー州出身


獅子(Shishi)、オス、フレンチロップ、ティパレリー州出身


ジンジャー(Ginger)、メス、ネザーランドドワーフ、ミース州出身


アオ(Ao)、オス、フレンチロップ、ファーマーナ州出身


マシュマロ(Marshmallow)、メス、ミニロップ、ダブリン州出身


モフモフ(Mufumufu)、メス、ホランドロップ、カーヴァン州出身


ボンボン(Bonbon)とモフモフ、メス、ホランドロップ、カーヴァン州出身

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウサギたち