ケトン食例

ケトジェニック・ダイエットは一体何を食べ、どのくらいの量を摂取しているのか?

今回は簡単にそのことに触れようと思う。

 

栄養素の比率としては、脂質65∼75%、蛋白質15∼25%、炭水化物(糖質)5∼10%が確実にケトン体質へと導く。

 

まず、1食の脂質の摂取量は20∼40グラム:

  • 卵1個=5グラム
  • ココナツオイル大匙1=14グラム
  • オリブオイル大匙1=14グラム
  • ブリーチーズ85グラム=28グラム
  • 牛肉85グラム=16グラム
  • アボカド1個=30グラム

 

次に1日の蛋白質摂取量の計算は、0.8×体重(パウンド)=摂取量グラム。

*1キロ=2.2パウンド

 

  • 体重50キロ=110パウンド×0.8=88グラム
  • 60キロ= 105グラム
  • 70キロ= 123グラム
  • 80キロ= 140グラム
  • 90キロ= 158グラム

 

そして、主に緑色野菜やサラダを食べ放題。

アスパラガス、キャベツやチンゲン菜などのアブラナ科野菜、葉菜類は必須。

それとナトリウム=ヒマラヤ塩とカリウム=サラダ、アボカドなども必須。

ニンジン、イモ類の根菜類とピーマン、トマトの果菜類はダメ。(少量なら可)

 

基本的に1日2食で、吾人のある1日の献立を例にすれば、

 

  • 朝はバターコーヒー
  • ゆで卵4個、アボカド1個、魚の缶詰1缶、味噌汁。
  • 豚の腹肉250グラム、サラダ7―10カップ、オリブオイル。
  • ブラジルナッツ3個、マカデミアナッツ大粒3∼5個。
  • 昼食後には緑茶、有機カカオ100%にステビアとココナッツオイルのココア、夜はレモン1個とアップルサイダー酢を混ぜた水。

 

なんだかんだ言って、脂質も蛋白質も過剰かもしれないが、言い訳として、仕事は肉体労働だしジムにも通っているからね。

エネルギー消費量が多ければ、供給量を増やしても差し障りは無いものだ。

また週末の土日は16-20時間の断食をして、1日1食がほとんどであるが、別に苦にはならない。

お腹が空かない、空いても苦にならないのが、ケトン体質の特徴の1つでもある。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ケトン食例

コメントを残す